プロポーズ大作戦 あらすじ ネタバレ 第六話

プロポーズ大作戦の礼(長澤まさみ)や健(山下智久)たちも,大学生にもなれば悩みは高校時代のものとは変わってくる。

もうワガママは言わないから別れたくない!と言うも,失恋してしまったエリ(榮倉奈々)。本気の恋愛だったのか,大きなショックを受けながらも尚の前では明るく振舞ってみせる。そんなエリ(榮倉奈々)の傷心を思い,あれやこれやと不器用ながらもいつもの調子で懸命に励ます尚の存在は,このときエリ(榮倉奈々)の中で少し変わったのかもしれない。失恋をしたり何かがうまくいかなかったり…。沈んでいるときはこうやって明るく励ましてくれる存在は本当にありがたいものだ。プロポーズ大作戦の仲間の絆の深さを見せられたように思う。

多田に勧められ,建築関係のコンペに出品することになった礼(長澤まさみ)の邪魔をしないようにと,健(山下智久)が礼(長澤まさみ)に渡したものは健(山下智久)が自分で引いたおみくじ。それも大吉ならまだしも,中吉。だけど礼(長澤まさみ)はとても嬉しかったはずだ。たとえそれが大凶のおみくじだったとしても,健(山下智久)の気持ちがこもったものなら礼(長澤まさみ)は何でも喜んだだろう。存在が近くになりすぎたために素直になれない礼(長澤まさみ)は,またもや憎まれ口を叩いてしまうが。

もっと素直になって積極的にいった方がいいというエリ(榮倉奈々)のアドバイスは的を得ている。だけどそれは簡単そうで単純そうで今すぐにもできそうで,なかなかできないことなのだ。中3のときに健(山下智久)に書いたラブレターを,渡せないまま今でも持っているという礼(長澤まさみ)の健(山下智久)への想いは,健(山下智久)の礼(長澤まさみ)に対する想いと負けず劣らずものではないだろうか。

礼(長澤まさみ)の誕生日を祝いたいが慢性金欠病の健(山下智久)は風邪をひきながらもパチンコでのアルバイトを始める。だが,無理がたたり倒れてしまう。まだ働けるという健(山下智久)だが,フラフラの状態でいられたのではお店の方でも迷惑だろう。

悩み,考え,礼(長澤まさみ)はコンペの話を蹴り,健(山下智久)へのラブレターを抱いて,寝込んでいる健(山下智久)の元に急ぐ。ドアの前で告白を始める礼(長澤まさみ)だが,健(山下智久)の返事はない。やがて電話が鳴り出すが,健(山下智久)が応答する気配もない。その電話は「連絡がないということはコンパに来るんだろうな!?」というコンパの誘いの電話だった。

礼(長澤まさみ)は健(山下智久)がコンパに行ったものだと思い込み,部屋を後にしてしまう…。

その頃の健(山下智久)はというと,決してコンパに行っていたのではなかった。コンペに作品を出品するはずの礼(長澤まさみ)のために郵便局の前で「もう少し待ってください」と頭を下げてお願いしていたのだ。礼(長澤まさみ)がコンペの話を蹴って自分に告白しに来ているとも知らずに。

トボトボと歩いている礼(長澤まさみ)の前に現れたのは多田。多田は向こうにお願いしてコンペの締め切りを延ばしてもらっていたのだ。礼(長澤まさみ)はコンペに出品する作品を完成させ,20歳の誕生日を多田と迎える。

よくすれ違ってしまう二人だ。ドラマではありがちなすれ違いだけれど,やっぱりドラマだとは思いつつも見ている方はやきもきしてしまう。

次回のプロポーズ大作戦は5月28日の放送。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。